妊娠線とは?妊娠したら知っておきたい3つの事!

妊娠線っていったい何?

妊娠して徐々にお腹が大きくなっていくにつれて、お腹やバストや太ももやお尻などに何本もの縦の線が出来てしまうのが妊娠線です。大体妊娠5~7か月頃のお腹が大きくなってきた頃から妊娠線は出来やすくなり、妊婦さんの約7割の方が出来ると言われています。皮膚に妊娠線が出来始めた頃は、赤紫色の細い筋となっていますが、出産して時が経てば徐々に薄くなっていき白い線となり目立たなくなります。しかし完全に消す事は難しいのが妊娠線です。

妊娠線はなぜ出来るの?

妊娠線が出来てしまう主な原因は、お腹の中にいる赤ちゃんが成長すると同時にお腹の皮膚が急激に引っ張られてしまう事にあります。皮膚の表面の表皮は伸びる性質を持っていますが、一方の真皮と皮下組織は伸びにくい性質となっています。つまりお腹が大きくなっていったとしても、真皮と皮下組織はそれに追いつかずに皮膚に亀裂が入ってしまう事になるのです。特に小柄な人や、皮膚の面積が狭い人は妊娠線が出来やすい傾向にあります。

妊娠線は予防出来るの?

妊娠線を予防するためには、まず体重を管理する事はとても重要なポイントになります。少しずつ体重が増加していく場合は、皮膚の組織も上手く対応出来るようになっています。そして次に妊娠線を予防する方法は、スキンケアです。外からクリームを塗るなどをしてケアをする事により、皮膚の保水効果を得る事が出来ます。そうする事で皮膚の柔軟さが保てるため、皮膚が急激に伸びたとしても、対応出来るため妊娠線が出来にくくなるのです。

妊娠線のクリームの効果は、それぞれの商品の成分によって、大きな違いがあるため、複数の商品の利点を理解することがおすすめです。