生が基本!効果を失わない酵素ドリンクの飲み方

酵素の性質を考えて飲むことが大切

酵素ドリンクを飲むときには酵素の性質を考えて飲み方を考えなければ効果が得られなくなってしまいます。酵素は熱に対して不安定な性質を持つタンパク質でできているため、基本的には生で飲むのを心がけなければなりません。熱変性は40度以上で起こりやすくなるため、人肌以下の温度で飲むようにするとドリンクに含まれている酵素の活性が失われなくて済みます。これが酵素ドリンクの飲み方の基本としてまずは覚えておくと良いでしょう。

冷たいのを飲むよりも人肌がベター

酵素ドリンクの中に含まれている酵素を失活させないためには温度が低い状態で保存するに越したことはありません。もともと色々なものに対して不安定な酵素が多いため、低温で周囲の影響を受けないようにしておくことが大切だからです。しかし、酵素としての機能を発揮させるには人肌程度の温度が最適な酵素が多いのも事実であり、冷やして保存してあるドリンクを冷たいまま飲むよりも人肌程度にした方がしっかりと効果を発揮してくれるでしょう。

冷やすのがよくても凍結はハイリスク

酵素ドリンクを飲む頻度があまり高くない場合や、夏の暑い日に持ち歩けるようにしたい場合には酵素ドリンクを凍らせようと考えるかもしれません。しかし、酵素は不安定なタンパク質なので凍結によって変性してしまうリスクがないわけではありません。凍る過程や溶解する過程で活性を失ってしまうような酵素も含まれている場合があります。酵素ドリンクに対してより高い効果を期待するなら、凍結も割けるに越したことはありません。

近年は老若男女を問わず、美容に敏感な人が増えています。そのような人たちに指示されているのはやはり酵素ドリンクです